2021年01月22日

イチゴ園「美土里農園」


新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年は新型コロナウイルスで大変な一年でしたね。
私も出来る限りの感染対策に気を付けながら日々過ごしています。
今も尚、コロナ禍の中にいますので、引き続き気を付けていきたいと思います。

さて、先日、茂木町にあります、イチゴ農園(美土里農園)に出かけて来ました。

DSC_0221.JPG

DSC_0220.JPG

美土里農園は2018年1月に観光農園をオープンしました。
しかも、イチゴ狩りも出来、時間は無制限で食べ放題との事です。
時期によって、料金に変動がありますが、イチゴ狩りは自分で摘みながら時間も気にせず食べられるのって幸せを感じますよね。
(イチゴ狩りをしたことないのですが・・・)
今回、イチゴ狩りはしませんでしたが、時期をずらして甘いイチゴを時間無制限で食べてみたいと思います。
果たして、どのくらい食べられるのでしょうか・・・。(一度は挑戦してみたい)
一パック食べるのも結構腹一杯になりますよね。
そう考えると、それほど食べられないかもしれません。(悲)
私が行ったときは午前中でしたが何組かイチゴ狩りをしていましたが、今はコロナ感染対策で入場制限をしているようです。
イチゴの種類は「とちおとめ」と新品種「とちあいか」です。
農園に併設されている直売所もあり、イチゴも販売されています。
母方の実家に送るのと自宅用にイチゴを買ってきました。
さっそく、夜、食べてみましたが甘くて美味しかったです。
ビタミンCも摂れるし、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるようですよ。
                                  成田真由美
posted by yamaboshi at 09:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

さくら市第二温泉浴場

皆様、こんにちは、営業部の星です。
今回は、さくら市(旧喜連川町)にあります、さくら市第二温泉浴場へ行って参りましたので、ご紹介させて頂きます。

20210108_162700.jpg

20210108_162627.jpg

温泉通の方々が高い評価をされているので、ここに来てみました。
露天風呂だけの共同浴場で、洗い場も申し訳程度、休憩室もありません。
大きな岩風呂があり、茶色の塩化物泉ですが、口コミの通り、強い塩分とゴムというか石油のような強烈な匂いがします。
さらに、カランが6つほどあるのですが、そこから出る湯には、強い硫黄臭を感じました。
温度は、露天風呂だから良いのですが、かなり熱めで湯口付近は45度くらいありそうです。
長くは浸かっていられないので、半身浴をしたり休みながらでしたが、ゆったりとした雰囲気が心地良く、湯けむりの中でゆったりと暖まることができました。
露天風呂好きには実に楽しい、露天風呂のみの単純明快な施設でした。
こちらの温泉施設は、市営ですので、値段も300円とリーズナブル。
皆様も、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
                                    星 貴信
posted by yamaboshi at 10:01| 栃木 ☁| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

謹賀新年


新しい年を迎えました。

画像(2021.1月).jpg

今年はオリンピックイヤーでもあります。
その中でのコロナ禍、危機管理の在り方を改めて思い知らされています。

どうにも、総理・幹事長・有識者会議・都知事・医師会会長らの対策の方向性や時間軸がバラバラに観えて仕方ありません。

危機管理の基本概念は「最悪の事態に備える」ことであり、「様子を見ながら〜」ではこの時点で既に後手に回っていると思います。

人類の未曾有の危機、最悪の事態を想定して手を打たないと、大変な事態になります。
大変な事態とは、感染者の急増もそうですが、それよりも更に、誰も体験したことの無い領域に入って行く、ことの方が脅威であると考えます。
何しろ経験が無いのだから、データは存在しない、従って検証し対策を立てることはあくまで想定でしか無い訳です。

まずは基準を「最悪の事態」にすべきであると考えます。
基準が定まらなければ、組み立てが出来ない、よって「様子をみながら」は全く以て論外であると思います。
最悪の事態に備えて、最悪の事態にならなければそれはそれで良い訳で、仮に国民から税金の無駄遣いをしたと非難されても、堂々と危機管理の概念を主張すれば良いのです。

未曽有の危機です。
政府首脳には、保身・忖度抜きで、自己が責任を取る覚悟を持って挑んで欲しい、と願うばかりです。
                                  島ア俊之
posted by yamaboshi at 11:02| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする