2018年01月05日

「 冬来たりなば春遠からじ 」


明けましておめでとうございます。
新年を迎えると、「立春」まで約1ヶ月となりますが、
今年の立春の日取りを調べてみると2月4日(日)となっていました。
立春とは、暦上、気温の底を過ぎこの日から徐々に暖かくなって行く節目の日を言う
訳で、文字の雰囲気や響きなど、私が好きな語句です。

新年を迎えまず思う事は、今後益々ボーダレスの社会になって行くであろう事です。
ビジネスに限らず、医療や福祉などにも言える事で、色々な場面で「自己責任」的意識が重要になって来るのであろうと思います。
これをポジティブに捉えるか、それともネガティブになってしまうのかは自分次第な訳で、因みに私は迷う事なくチャンスである、と考える次第です。
何故なら、日々の努力の積み重ねを実践していさえすれば、必ず道は拓けると考えるからです。
とにかく、あれこれ考えるよりも、まずは目の前の事に一生懸命取り組む〜大切な事であると思います。

「冬来たりなば春遠からじ」〜とても好きな言葉です。
寒い冬を過ごせば、必ず暖かい春がやって来る、冬が来たと言う事は春も近づいた訳で、
即ち「寧ろ冬を歓迎する」的な心持でいる事により、どんな状況下でもポジティブな思考でいられると思っています。

DSC_1651.JPG

今年もスタッフ一同より一層頑張って参りますので、柚子逸品をご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
                                   島ア俊之


posted by yamaboshi at 00:00| 栃木 ☀| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする