2020年05月29日

リーダーシップ


世界的コロナ渦の今、まさしく戦後最大の有事と言えます。
有事になると必ず種々の媒体を通じて登場する人物が一人だけいます。
今週の週刊新潮でも特集を組んでいましたが、その人物とは田中角栄です。

画像@(5月 A).jpg

何故、有事になると「田中角栄が総理大臣だったらどうするか?」的な記事が増えるのか。
それは強力なリーダーシップと求心力を備えているからな訳で、政治信条が「決断と実行」であり、「決めたらすぐやる」は数々の伝説として語り継がれています。
協議制的システムも確かに必要ですが、有事の際には強力なトップダウンで事に立ち向かうのも重要であると思います。

『 会して議さず
議して決せず
決して行わず 』

と言う言葉がありますが、有事の際にはとにかくスピードが必須。
後手に回れば、必ず事態は悪化する。

さてさて、今の日本の首脳はどうなのか。
首相が「専門家の意見を聞きながら〜」・・・スピード感が無い響きです。

有事の際は、世論を窺ったりせず、自身の実力を持ってして国民をリードすべきであると思います。

決断と実行・・・全てが集約されている気がします。
                                   島ア俊之

posted by yamaboshi at 10:14| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする