2017年06月16日

6月の柚子


関東地方でも梅雨入りしましたが、天気が悪い日はまだ、余りないので主婦の私には嬉しいです。
前回、紹介出来なかった柚子の花を観察して来たので紹介します!!

ゆず花A.JPG

ゆず花@.JPG

天気も良くて、可憐な花見て清々しい気持ちになりました。
香りは甘くて優しいです。
一面に咲いている柚子の花ですが実は大きくなるまで残って結実するのは全体の1割から2割程です。
ほとんどは自然に落ちてしまいます。
こうすることで残って実に栄養が行き渡るようにバランスを取っているんです。
しかも、一度大きくなった実は、台風で葉が散っても落ちないほど生命力が強いんです!!
皆さんは、柚子の効果効能が、実・皮・種の部分によって違うのをご存知でしたか?
果実には、クエン酸や酒石酸という酸味の成分は疲労の原因物質である乳酸を分解して、筋肉痛や肩こり疲労回復効果が期待できます。
皮には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには、コラーゲンの成分を助けて血管や筋肉を丈夫にする働きもあり、貧血や食欲不振の予防美肌効果があります。
種の表面のヌルヌルした部分は、ペクチン質と呼ばれるもので血糖上昇の予防やコレステロール値のコントロールをする働きがあります。
とても、体に良さそうな柚子です。
これからの、贈り物に当社の柚子製品は如何でしょうか?
                                   小林直美
posted by yamaboshi at 10:06| 栃木 🌁| Comment(0) | 柚子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。