2018年08月10日

さくら市ニュージアム「魔法の美術館」


今年の暑さも例年になく厳しいもので、毎日のニュースの中で熱中症の症状で病院に搬送される方が多いと聞きます。
家で過ごしても熱中症になると聞きます、まだまだ暑さが厳しいと思いますので熱中症対策などして気を付けるようにしたいです。

今回は、新聞記事の広告欄に、栃木県さくら市に「魔法の美術館」が期間限定で開催されるという事で、どんな魔法の美術館なのか?
少し興味本位もあり出掛けてきました。
さくら市ニュージアム(荒井寛方記念館)の中で開催されています。
県内では栃木県初開催!
「魔法の美術館」は、見て、触れて、参加するこれまでにない全く新しい形の展覧会です。

成田画像H30.8月@.jpg

それぞれの作品を順番通り見学、まず、通路を歩くと色や光が溢れだし、他の色と混ざり合い一つのアートになります。

成田画像H30.8月A.jpg

次は、映し出された自分の影で映像のボールをはじくことが出来る不思議な作品!他、13通りの作品があるようです。
光と遊びながら、子どもから大人まで同じ価値観で楽しめるこの展覧会は、かつて体感したことのない光とアートの世界へ誘われていきます。
会場で、子供たちが楽しんでいた中で、大の大人が楽しんでいるのは私一人?(恥)
会場ではさまざまな超体感型アート作品、まるで魔法にかけられたように体感ができるアートの世界をみなさんも楽しんでみてはいかがでしょうか。
                                 成田真由美
 
posted by yamaboshi at 18:33| 栃木 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。