2018年11月09日

馬門の滝

日一日と寒さが募りますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
秋の行楽シーズンを迎え、名所では紅葉狩りの真っ盛りですね。
ふと思えば私は、ここ何年も紅葉に出掛けていないな〜!
今年こそは母と出掛け、寒い、寒いと言いながらも色鮮やかな紅葉を眺めてきて紅葉をバックに記念写真など撮って一日楽しんで過ごせたらいいかなと思うのですが・・・。
夜のライトアップされた紅葉もまだ観たことがなく、昼間とはまた違った雰囲気で幻想的な景色なのではないかと思いますのでライトアップの方がいいかな。
または、(華厳ノ滝、竜頭ノ滝、湯滝)など滝巡りもいいかな。

滝と言えば、私の住んでいる栃木県茂木町でも滝があります。
それは、馬門(まかど)の滝です。

間門の滝@.JPG

間門の滝A.JPG

那珂川の両岸の河岸段丘から流下する小さな滝が、浸食で次第に後退し、飯野地区から馬門地区まで遡ってきた幼年期の滝です。
両岸は安山岩が切り立つ天然の岩滝で、高さ7.6m、幅27.3m。
かつては、ここから上流へ魚が遡れなかったということから、「魚止めの滝」とも呼ばれていました。
また、ここには水力発電所(大正期)があった所で、芳賀最初の電灯がこの滝より灯ったそうです。
地元で間近にあるし、いつでも見に行けるというのがあるので今まで行かなかったかもしれません。
それに、今は毎日会社での通勤途中に道路沿いから見える景色でもあり、車を停めてしみじみ見たことはありませんでした。
でも一度は、ゆっくりと見てみるべきかと思い、車を停めて展望台の所まで下りて滝を眺めてきました。
迫力ある滝とまではいきませんが、一度は見てみる価値があるかも・・・!!                           成田真由美
posted by yamaboshi at 16:57| 栃木 ☔| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。