2020年04月17日

丘一面に咲く菜の花


みなさん、こんにちは!
新型コロナウイルスで外出自粛の中、母も毎日自宅で過ごしているので出かけるといっても遠くまで遊びに行けないですし、外食に行くことも控えたいと考えてしまうと、どこにも連れて行ってあげられない。
出かけるとしても食料品を買いに行くことぐらいで少しは気晴らしに外の空気も吸わせてあげたいと思い、そういえば、益子町に向かう途中に菜の花と桜が一面に咲いて綺麗な所があって、そこに連れていくことにしました。
場所は、益子町の亀岡八幡宮という神社があり、隣接して小宅古墳群があります。
総数35基(前方後円墳6基、円墳29基)からなる古墳群で、うち前方後円墳5基、円墳12基が県指定の史跡になっているようです。
亀岡八幡宮は、毎年初詣に出かける神社なので鳥居が目印です。

成田画像 20年4-@.jpg

神社境内から菜の花畑にも行けるようです。
今年は暖かい日が続いていたので例年より開花が早いのかな。
毎年春になると国道沿いから一面菜の花が観えてくるので綺麗だなと思いながら車を走らせるので、一度はゆっくり散策しながら観たいと思っていました。
駐車場に着き、結構車が停まっている、やはり有名な名所なんだろうな。

成田画像 20年4-A.jpg

成田画像 20年4-B.jpg

花畑会場も毎年イベントがあるようですが、今年は中止のようです。
古墳群は菜の花の香りに包まれソメイヨシノが満開となっています。
黄色とピンク色の花々が里山と鮮やかなコントラストが楽しめる。
気分転換になって良かったかな〜と思います。
まだまだ外出自粛をしなければならないと思うと、連れて行く所が限られてしまいますが、ここは大人しく自宅で過ごすしかないですよね。
                                  成田真由美
posted by yamaboshi at 14:00| 栃木 ☁| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。