2021年01月08日

謹賀新年


新しい年を迎えました。

画像(2021.1月).jpg

今年はオリンピックイヤーでもあります。
その中でのコロナ禍、危機管理の在り方を改めて思い知らされています。

どうにも、総理・幹事長・有識者会議・都知事・医師会会長らの対策の方向性や時間軸がバラバラに観えて仕方ありません。

危機管理の基本概念は「最悪の事態に備える」ことであり、「様子を見ながら〜」ではこの時点で既に後手に回っていると思います。

人類の未曾有の危機、最悪の事態を想定して手を打たないと、大変な事態になります。
大変な事態とは、感染者の急増もそうですが、それよりも更に、誰も体験したことの無い領域に入って行く、ことの方が脅威であると考えます。
何しろ経験が無いのだから、データは存在しない、従って検証し対策を立てることはあくまで想定でしか無い訳です。

まずは基準を「最悪の事態」にすべきであると考えます。
基準が定まらなければ、組み立てが出来ない、よって「様子をみながら」は全く以て論外であると思います。
最悪の事態に備えて、最悪の事態にならなければそれはそれで良い訳で、仮に国民から税金の無駄遣いをしたと非難されても、堂々と危機管理の概念を主張すれば良いのです。

未曽有の危機です。
政府首脳には、保身・忖度抜きで、自己が責任を取る覚悟を持って挑んで欲しい、と願うばかりです。
                                  島ア俊之
posted by yamaboshi at 11:02| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。