2020年04月10日

芳賀温泉ロマンの湯


皆様、こんにちは、営業部の星です。
今回は、芳賀温泉ロマンの湯に行って参りましたので、ご紹介させて頂きます。
こちらの温泉は、道の駅はがに併設された、2つの源泉をもつ日帰り天然温泉施設です。

20200409_121647.jpg

20200409_121409.jpg

第1号源泉の泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で、肌触りがなめらかな炭酸水素イオン濃度の高く美肌効果の高い内湯で、第2号源泉の泉質は、ナトリウム-塩化物温泉で、塩素イオン濃度が高い保温効果のある露天風呂となります。
効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進など様々です。
また、入浴後には、道の駅内の物産館で、県内、町内の特産品や、地元の取れ立て野菜や果物の買い物を楽しむこともでき、その他にも、季節ごとの果物をたっぷり使った「はがジェラート」のコーナーもあります。
皆様も、近くにお越しの際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
                                   星 貴信

posted by yamaboshi at 13:29| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

危機管理の概念


新型コロナウィルスの猛威が国内でもいよいよ迫っています。
サイバー攻撃やテロなど、世界中で脅威となるリスクをはらんでいる訳ですが、今回のウィルスで、そのリスクの広さ・深さに圧倒されます。
人・物・金が動けない世の中、手の打ちようがないです。
「100年に一度の危機」と言われていますが、私も早くからこれは大変な事になると思っていました。
そこで、過去に読んだ危機管理のエキスパートである佐々敦之氏の著書を思い出しました。
「危機管理」と言うワードを世に出した氏が著述した本ですから、それは説得力に溢れています。

2020.4-1.jpg

要約すると、内容は次の通りです。

@危機管理の基本は、悲観的に準備し、楽観的に対処すること。
A政府が行う「公助」ももちろん重要だが、自分でできることを最大限行う「自助」も大切。
B始まったことは必ず終わる」どんなに辛いことでも、それが一生続くわけではない。歯を食いしばって我慢をする。

特に@の「悲観的に準備し〜」についてですが、最悪のケースを想定し、ワンステップ早めに対策を打つ、と言う事になる訳で、これが日本の弱いところであると思っています。
いつも後手に回っている感が否めません。
最悪のケースを想定し、前倒しで手を打ち、結果として最悪のケースにならなかったらそれはそれで良いではないか、といつも思います。

起きてからからでは遅いのです。
悲観的に捉え前倒しで手を打つ、これに尽きます。

早めの収束を願うばかりです。
                                  島ア俊之
posted by yamaboshi at 09:46| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

真岡井頭温泉


皆様、こんにちは、営業部の星です。
今回は、真岡市にあります真岡井頭温泉に行って参りましたので、ご紹介させて頂きます。

20200311_135034.jpg

20200311_134803.jpg


場所は、北関東自動車道真岡インターより約5分の所にあります井頭公園内にあります。
こちらの温泉のお湯は、数千年前の太古の海水が地層の中に閉じ込められ、これが地熱によって温められ温泉となっているもので、「火山性温泉」とは関係の薄い、「化石水型温泉」から成るものと考えられているそうです。
泉質は、無色透明で強い塩味を有し、成分の濃度は海水の約半分程度で、非常に浸透性が高いことから、身体の温まりが早く、保温効果が長く持続する特長があるとの事です。
浴槽は、広めでゆったりと入れる露天風呂、大浴場と薬湯、サウナもあり、私としては大満足でした。
効能としては、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進など様々です。
また、こちらの温泉施設は、食事のメニューも豊富で、無料の休憩室もかなり広く、温泉の後も、ゆったりくつろぐ事ができ、最高でした。
皆様も、近くにお越しの際には、是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
                                    星 貴信
posted by yamaboshi at 17:20| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする