2018年11月09日

馬門の滝

日一日と寒さが募りますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
秋の行楽シーズンを迎え、名所では紅葉狩りの真っ盛りですね。
ふと思えば私は、ここ何年も紅葉に出掛けていないな〜!
今年こそは母と出掛け、寒い、寒いと言いながらも色鮮やかな紅葉を眺めてきて紅葉をバックに記念写真など撮って一日楽しんで過ごせたらいいかなと思うのですが・・・。
夜のライトアップされた紅葉もまだ観たことがなく、昼間とはまた違った雰囲気で幻想的な景色なのではないかと思いますのでライトアップの方がいいかな。
または、(華厳ノ滝、竜頭ノ滝、湯滝)など滝巡りもいいかな。

滝と言えば、私の住んでいる栃木県茂木町でも滝があります。
それは、馬門(まかど)の滝です。

間門の滝@.JPG

間門の滝A.JPG

那珂川の両岸の河岸段丘から流下する小さな滝が、浸食で次第に後退し、飯野地区から馬門地区まで遡ってきた幼年期の滝です。
両岸は安山岩が切り立つ天然の岩滝で、高さ7.6m、幅27.3m。
かつては、ここから上流へ魚が遡れなかったということから、「魚止めの滝」とも呼ばれていました。
また、ここには水力発電所(大正期)があった所で、芳賀最初の電灯がこの滝より灯ったそうです。
地元で間近にあるし、いつでも見に行けるというのがあるので今まで行かなかったかもしれません。
それに、今は毎日会社での通勤途中に道路沿いから見える景色でもあり、車を停めてしみじみ見たことはありませんでした。
でも一度は、ゆっくりと見てみるべきかと思い、車を停めて展望台の所まで下りて滝を眺めてきました。
迫力ある滝とまではいきませんが、一度は見てみる価値があるかも・・・!!                           成田真由美
posted by yamaboshi at 16:57| 栃木 ☔| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ひたち海浜公園の「コキア」


いよいよ秋本番といった季節です。
たわわに実った果物の収穫や、鮮やかで美しい紅葉狩りなど、楽しみの多い季節でもあります。
秋と言えば、やはり「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」を想像しますよね。
私は、毎年同じですが「食欲の秋」かな・・・!!
実りの秋なので食欲をそそる食べ物がたくさんあるし、見る物が全部美味しそうに見えてついつい食べ過ぎてしまいます。
あ〜!!また太っちゃう(笑)

話は変わりますが、先日、三連休の休みの日に茨城県にあります、国営ひたち海浜公園に「コキア」を観に行ってきました。

画像10−B.jpg

休みで何処に連れて行こうかと考えていたら、そう言えば、以前から、丘一面が赤く染まるコキアを観に行きたいと母からも言われていたなと思い、出掛けることにしました。

画像10−@.jpg

コキアはヒユ科(旧アカザ科)ホウキギ属の一年草で、原産地は南ヨーロッパ(中国より渡来)です。
秋には真っ赤に紅葉することで人気があり、観光スポットにもなっているようです。
私たちが行った時は、まだちょっと早すぎたのか見頃とまではいかず、真っ赤に染まるコキアを観ることが出来ず残念でした。
ですが、コキアを観られた事には母も満足していただけたかな・・・!!
ちなみにですが、コキアを和名で言うとほうきぐさ≠ナす。
昔はこの茎を乾燥させ、箒を作っていて、実(み)は「とんぶり」とも呼ばれ食用になります。(ひたち海浜公園のコキアは観賞用の品種のようです)
形や色、歯触りがキャビアに似ていることから「畑のキャビア」とも呼ばれ秋田県の名産です。
「畑のキャビア」は子供の頃、よく食べていました。
みなさんもどこかで「とんぶり」を見かけたら一度ご賞味くださいね。
来年でもまた一面を埋め尽くす紅葉したコキアを観に来たいと思います!
                                  成田真由美
posted by yamaboshi at 09:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

「つがの里」のハスの花


暦の上では秋となりましたが、まだまだ厳しい暑さが続いています。
毎日の暑さで冷たい物を食べすぎて体調を崩すという事がないよう皆さんも気を付けてくださいね。

さて、今回は、つがの里へ出掛けてきました。
つがの里は東京ドーム5個分の広大な敷地に、ふるさとセンター・ファミリーパーク・ふれあいの森等が集まる公園です。

画像8−@.JPG

画像8−A.JPG

その園内には、春は桜から始まりスイレン・アジサイ・ラベンダー・キキョウ、ヘメロカリスなどの花が観賞できるそうです。
そこで私は今の時期のハスの花を観賞してきました。

画像8−B.JPG

画像8−C.JPG

ハスの花は6月下旬頃から約1,000株3,000本の可憐な花が次々と咲き、一面が鮮やかに彩ります。
ハスは朝花開き、午後には閉じてしまう、それを繰り返し4日目には散ってしまう儚い花って皆さんはご存知でしたか?
毎年「ハスの花まつり」が開催され、色々なイベントも開催されているようです。
ハスも午後には閉じてしまうため、早朝から午前中にかけて観賞したほうが良いかと思われます。
ちょうど、午前中に着いたのでハスを観賞し、園内も散策してきました。
曇り空でしたが、蒸し暑く数分歩いただけで汗ばむ感じでした。
運動不足のせいか、なだらかな坂でも息切れが・・・!!(悲)
今度は桜の時期も訪れてみようかな〜と思います。
                                 成田真由美
posted by yamaboshi at 00:00| 栃木 ☔| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする