2021年04月02日

車と自然の融合


春爛漫、桜が満開です。
ツインリンクもてぎの桜を紹介したいと思います。

それはそれは見事な景観で、歩道が完備されており、散歩だけでも訪れる価値があります。

画像@(2021.4月).jpg

画像A(2021.4月).jpg

画像B(2021.4月).jpg

このツインリンクもてぎは、サーキットでのレースだけで無く、運転スクールなど車に関連するプログラムは勿論、モビパーク=モビリティで子供が遊べる施設、ハローウッズ=子供が自然と触れ合う施設、コレクションホール=ホンダの歴史性が解る施設、様々な体験が出来る総合レジャーランドです。

更に、キャンプ場も備えており、春休みと言う事もあり、賑わいを見せています。

画像C(2021.4月).jpg

画像D(2021.4月).jpg

車やバイクが好きな人がレースを見るも良し、家族で様々な施設で一日楽しむも良し、ホテルも備えていますのでクオリティの高い食事を堪能するも良し、と全国でも有数の施設であると思います。

まだ訪れた事がない方は、是非一度足を運んでみて下さい。
車と自然の融合をコンセプトとした、国内随一のFacilityです!
                                  島ア俊之
posted by yamaboshi at 10:09| 栃木 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

パドックに集まるトレーラー達


ホンダを母体とするサーキット、ツインリンクもてぎ様は当社のお客様で、場内の様々な場所を訪問する機会があります。

一般の方は立ち入り出来ないパドックの様子をご紹介します。
題して「パドックに集まるトレーラー達」。
(又は「パドックに陣取るトレーラー達」〜それ位の迫力なのです!)

まずはこちら。

画像@(2021.3月・無名).jpg

これはどちらのトレーラーでしょう?
看板が入っていませんね。

画像A(2021.3月 KONDO Racing Team).jpg

Kondo Racing Team とあります。

画像B(2021.3月 BRIDESTONE).jpg

タイヤメーカーのブリジストン。

画像C(2021.3月 MICHELIN).jpg

同じくタイヤメーカーのミシュラン。

画像D(2021.3月 TOYOTA GR Supra).jpg

TOYOTAです。Supraですね。

画像E(2021.3月 NISSAN nismo).jpg

NISAANのnismo。
とても鮮やかな赤で、現場ではかなり目立ちます。

そして、トリは・・・

画像F(2021.3月 Honda Racing).jpg

勿論、ツインリンクもてぎをホームとするHONDAです。
3台並んだ迫力。近くで視ると凄いです。

画像G(2021.3月 The Power of Dreams).jpg

The Power of Dreams
HONDAのキャッチ、率直に私は好きです。

HONDAの車には、冒険心や探究心が大いに感じられます。
出来ればまたF1に復帰して欲しい、そう思います。
                                 島ア俊之

 

posted by yamaboshi at 15:09| 栃木 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

読書と映画鑑賞


監督 マーティン・スコセッシ、主演 ロバート・デ・ニーロの映画が好きです。
タクシードライバーやグッドフェローズなど数々の名作を生み出しています。
全部で8作品ありますが、1995年のカジノを最後に途絶えていました。
が、待ちに待った新作が遂に…。
「アイリッシュマン」。

画像@(6月).jpg

構想8年、最初にデ・ニーロが原作を読み、スコセッシに持ち込んだとか。
その後、脇役の名優ジョー・ペシへの出演を取りつけるまで5年かかったりとか数々の問題を片付けクランクアップに至りました。
(因みに、2人にジョー・ペシが加われば、これは私にとって名作となる事間違い無しなのです)
準主役としてアル・パ・チーノ、更にもう一人の名脇役ハーヴェイ・カルテル。
まさしく盤石の布陣です。

画像A(6月).jpg

評論家やプレスは挙ってスコセッシ+デ・ニーロの歴史に残る集大成、と絶賛しています。

物語は労働組合とマフィアの繋がりの闇を描いたもの。
とにかく、デ・ニーロが原作を読んだ時に、これはやらなければならない、とスコセッシのところにとんで行ったそうです。

配給は紆余曲折の後、土壇場でNETFLIXが獲得。

原作を読み、監督 スコセッシ+主演 デ・ニーロの映画を観る、至福の一時です。
                                   島ア俊之
posted by yamaboshi at 16:34| 栃木 ☁| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする