2020年05月15日

春の味覚「山菜」


みなさん、こんにちは。
暦の上では、立夏に入りました、まだ気温の温度差があって涼しい時もありますが過ごしやすい季節になったのではないかと思います。
さて、5月10日は、母の日でしたね!!
毎年何を渡そうかと悩むより、今年は何が欲しいか母に聞いて言われたものを渡すことにしました。
今年も喜んでくれたので親孝行出来ました。

話は変わりますが、春は芽吹きの季節、そして山菜の季節でもあります。
最近、母がよく山菜を採ってきます。
わらび、フキ、こごみなど・・・。

成田画像 20年5月@.JPG

成田画像 20年5月A.JPG

成田画像 20年5月B.JPG

春の季節しか食べられない山菜は食が進みます。
春の山菜には独特の苦味があり、この苦味が春を感じさせてくれます。
実は、この苦味やえぐみが、体にとても良いみたいです。
山菜を食べると、天然の苦味や辛味が冬の間に縮こまっていた体に刺激を与えて、体を目覚めさせ、活動的にしてくれます。
新陳代謝も促進させ、老化の進行を遅らせる働きもあるようです。
また、山菜にはビタミンも豊富なものが多いのも特徴なので今しか食べられない山菜を一生懸命食べてパワーをいただいています。
竹の子は近所の方からの頂き物ですが、竹の子も美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいます。
でも食べ過ぎると、肌が荒れるので程々にしないと・・・・。
山菜の天ぷらも美味しいですよね。
最近の、我が家の食卓には山菜尽くしの料理ばかりなので食費もかかってないかもしれません。(笑)
                                 成田真由美
posted by yamaboshi at 15:28| 栃木 ☁| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

駒形大塚古墳


皆様、こんにちは、営業部の星です。
只今、外出自粛中の為、気分転換で、近所を散歩しました。
すると、近くの公園の小さな山が、古墳だった事を思い出し、調べてみましたので、ご紹介させて頂きます。

20200503_144625.jpg

大塚古墳は、全国に同じような名の古墳がいくつもあり、地名をつけて駒形大塚古墳と呼ばれ、那珂川町(旧小川町)の遺跡公園内にあります。
訪れる場合の目印とするものは、駒形大塚古墳公園です。
墳丘は、一部が損傷していますが、主要部分は、風雪を自然な形で耐えた状態で、おおむね残っています。

20200503_144802.jpg

墳丘は、鍵穴のような形をした日本独特な形式で、前方後円墳の主墳部分である円墳部分を、方墳形式にした前方後方墳と呼ばれるものです。
発掘調査が1974年に行われ、出土したものとして、中国製画文帯竜虎四獣鏡、鉄刀、有袋鉄斧、ヤリガンナ、蕨手状素環頭両刃刀子、土師器、ガラス製小玉、鉄斧、鉄剣などが知られています。
この古墳の築造は、古墳時代の前期にあたる4世紀中葉ごろと推定され、1979年3月13日に国の史跡に指定されています。
また、那珂川町には、他にも、吉田温泉神社古墳、升ノ内古墳、ひょうたん塚古墳があり、那須小川古墳群を構成しているそうです。
皆様も、興味がございましたら、調べてみてはいかがでしょうか。
                                   星 貴信

posted by yamaboshi at 10:02| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

グローバル経済の行方とリーダーシップ


コロナ渦の今、コロナ後についての考察が世界中で情報発信されています。
私は、米国の9.11以来、同国の国際政治学者であるイアン・ブレマー氏の情報発信を夙に追いかけています。

画像@(5月).jpg

氏曰く、今の世界にはリーダーがいない、これを「Gゼロ」と名付けています。
コロナ渦の今、国際連盟もG7もWHOも全く機能しておらず、世界を束ねるリーダーがいない。
各国共、自国の利益のみしか考えていない。
その結果、コロナ後がどの様な状態になるか。
医療と経済の2本柱に於いて、各国共、自国内のみで対応・繁栄できる仕組みをつくるであろう。
人・物・資金が国境毎に分断され、各国は極論だが独立・独歩の道を選ぶ。
勿論、各国に跨るサプライチェーンは分断される訳で、例えば世界の工場・中国の実績が無くなり、その結果製造原価が高騰し、その対策としてITや5Gまた次世代の6Gが駆使されたオートメーション化が加速度的に進み、最終的に全世界で雇用の場が激減する、と発言しています。

過去に類を見ない産業革命が起こる訳で、コロナ後、一気に世界は激変するでしょう。
更に米中の覇権争いなど、問題が山積しています。

いよいよ真のボーダレスの世界へ、氏が予測するこれらの説に対応するリーダーは現れないのでしょうか。
そうならない事を願うばかりです。
                                   島ア俊之

posted by yamaboshi at 12:10| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする